一度作成した遺言を撤回することは出来るの?

遺言者はいつでも遺言を撤回することができます(民法1022条)。

遺言を書き直す場合に気を付けることを教えて

遺言を撤回するに際には、遺言の方式に従う必要があります(民法1022条)。遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があると説明しましたが、撤回する場合には、これらの方式に従う必要があります。

方式に従う必要があるだけですので、同じ方式による撤回以外に、他の方式による撤回も可能です。

遺産整理‧遺産相続について弁護士無料相談できます

横浜綜合法律事務所では、遺産整理・遺産相続でお悩みの方は、初回無料で弁護士に相談することができます。無料法律相談だけで依頼されなくても構いません。
お困りの際はお気軽にご連絡ください。

無料法律相談・お問い合わせ