被相続人(亡くなった人)が遺言を行っていた場合には、基本的には、その遺言を前提にして、必要があれば遺産分割をすることになります。

しかし、遺言が存在するとしても、全ての遺言が有効であるとは限りません。遺言が無効になる事由がある場合には、その遺言は無効になります。遺言が無効であると主張する人は、遺言が有効であると主張する人に対して、遺言無効確認請求をすることができます。

遺言が無効になる事由とは、例えば、

  • 被相続人の生前の意思と反する遺言の内容であること
  • 民法上要求される遺言の方式に不備があること
  • 遺言を行った時点で判断能力が著しく乏しい状態であること

等があります。

遺産整理‧遺産相続について弁護士無料相談できます

横浜綜合法律事務所では、遺産整理・遺産相続でお悩みの方は、初回無料で弁護士に相談することができます。無料法律相談だけで依頼されなくても構いません。
お困りの際はお気軽にご連絡ください。

無料法律相談・お問い合わせ