銀行口座の凍結とは、銀行口座からの引き出し、引き落とし、銀行口座への預け入れ、振込みなど、銀行口座における出入金が一切できなくなる状態を言います。

金融機関が、銀行口座の名義人の死亡を確認した時点で、その銀行口座は凍結されます

金融機関が、名義人の死亡を確認する主な契機は、名義人の家族からの申請であり、役所に名義人の死亡届を提出しただけでは、銀行口座が凍結されることはありません

ただし、名義人の家族からの申請がなくても、金融機関の担当者が、新聞の訃報欄や町内会の掲示板、葬儀の案内などで、独自に、名義人の死亡を確認した場合には、銀行口座が凍結されてしまうことがあります

遺産整理‧遺産相続について弁護士無料相談できます

横浜綜合法律事務所では、遺産整理・遺産相続でお悩みの方は、初回無料で弁護士に相談することができます。無料法律相談だけで依頼されなくても構いません。
お困りの際はお気軽にご連絡ください。

無料法律相談・お問い合わせ